×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アイポッド活用術

アイポッド(i-pod)を持ち歩こう!

アイポッド(i-pod)とは、ご存知のとおり米アップル社製の持ち運びに便利な携帯音楽プレーヤーです!音楽の編集はiTunesというフリーソフトを使って、誰でも簡単に編集できるようになっています。
種類は大きくアイポッド classic、アイポッド nano、アイポッド shuffle、アイポッド touchの4種類に分かれ、それぞれディスク容量が異なります。

アイポッドの人気の理由は、まず音楽の編集が手軽なこと!iTunesを使えば誰でも簡単に編集作業が行えるようになっています。そして、ポータブルであること!最近では電車の中を見渡せば、誰かしらアイポッドを利用しているのを目にします。コンパクトなので持ち歩きにピッタリです。



気になる価格ですが、機種とディスク容量により大まかに分かれますが、一番安いアイポッドshuffleの1Gで¥8.100、一番高いアイポッドtouchの80Gで¥42.800です。ちなみに一番売れているアイポッドはnanoの4Gで、価格は¥16.000前後のものが人気のようです。

アイポッド(i-pod)の選び方

アイポッド(i-pod)を選ぶ時のポイントは、アイポッドの価格と使い方です。いつでも全ての最新の音楽や映像を全てアイポッドで管理しておきたいいう方であれば、迷わずアイポッドtouchの80GBがオススメです。なかにはアイポッドtouchやclassicを仕事で利用している方も多いと思います。また、ジョギングやアウトドアで手軽に使いたいということであれば、首からぶら下げても使えるアイポッド shuffle。かばんやポケット等の入れて使いたいのであればアイポッド nanoなど、使用用途や目的に合わせてアイポッドを選ぶのがポイントです。

>>iPodの激安情報はこちら!

ちなみに一番売れているアイポッドはnanoの4Gです。価格は¥16.000前後のものが一番売れているようです。容量が4Gと言うと少なく感じるかもしれませんが、曲数にしたら1000曲も入りますし、普通に音楽を持ち歩くには充分すぎるほどの容量がありますね。もちろん値段が手頃なことも人気の理由です。初めてアイポッドを買うときもオススメです!

アイポッド(i-pod)の人気

アイポッド(i-pod)がデジタル音楽プレイヤーの代名詞と呼べる存在になったのは、使い易さとシンプルなデザインも大きな要因です。そして何よりアイポッド(i-pod)ユーザーが自らが所有するアイポッドを他人に見せたり触らせることが多いためと考えられています。アイポッドユーザーによる活動や、ネット上でのトラブルシューティングの多さが、逆にアイポッドをデジタル音楽プレイヤーのスタンダードとしての地位に押し上げ、今なおアイポッドユーザを増やしている理由ではないでしょうか?日本のMP3プレーヤーの総シェアの約5割がアイポッドシリーズと言われています。

また、アイポッドを用途によって使い分けるユーザーも多く、例えば、アイポッド classicを持っている人は、より手軽に使えるアイポッド shuffleが欲しくなります。また、アイポッド shuffleだけしか持っていない人は、全部の曲が入れたくなってアイポッド classicが欲しくなる、といった不思議な相乗効果もあるようです。

アイポッドの人気はまだまだ続きそうです!


経済